リサイクルできるものは沢山あるばず

私は比較的、昔から環境問題に付随するリサイクル問題やエネルギーの問題には関心が深かったのですが、東日本大震災を経験してからその考えはますます強くなりました。
一番の問題は原子力発電所の事故によって、原子力エネルギーの危険性が更に問われるようになり、それに代わるエネルギーの模索が激化したことだと思います。
このエネルギー問題に関して私たちができることは恐らく節電くらいなものだと思いますが、環境問題に関しては、リサイクルに強い関心を持つことで多くの貢献ができるような気がします。
しかし私はこのリサイクルについて少し疑問と言うかわからないことがあります。
何がリサイクルできて何がリサイクルできない物なのかがはっきりしないのです。
私は職業柄、様々な地域に住んできました。
しかし住む地域によってゴミの分別方法が違うのです。
資源ごみだと思っていたものが資源ごみではないものに括られていたり、またその逆もありました。
私は細かくリサイクルする意志があるのに、何がリサイクルできて何がリサイクルできないものなのかはっきりわからずに煮え切らない思いをすることが多々あります。
これがはっきりすればゴミの分別やリサイクルを率先する人は確実に増えると思います。
私は趣味でヨットに乗るのですが、せっかく気持ちよく海に出ても海面にゴミが浮いていたり、砂浜にゴミが溜まっていたりすると残念でなりません。
このような状態がいつか改善して欲しいと思います。